工場転職関連 工業高校関連 記事一覧

【収入源を増やせ】高卒でもお金持ちになるための5STEP

高卒金持ち
スポンサーリンク

お金持ちになりたいと思うけど

高卒でもお金持ちになれるの? 高卒でもお金持ちになれる方法を知りたい

と思った経験は、ありませんか?

よくお金持ちになるには

良い大学を出て大きな会社に入って出世しなさい

と言われますが、この方法だと

高卒だと無理ゲーじゃね?

と思うことがありますよね?

そこで、今回は戦略的に高卒でもお金持ちなる方法をまとめてみました。

お金持ちが書いた本を沢山読んで分かったお金持ちになる方法ですので、かなり再現性があります。

この記事を読むと高卒でもお金持ちになって経済的に自由になる方法を知れます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

てつお記事

てつお

  • 上場企業 正社員 工場勤務歴7年
  • 工業高校電気科首席
  • 第二種電気工事士・二級ボイラー技士・危険物取扱者(丙種・乙種全類)取得
  • 副業ブログ歴2年目
  • Twitter(@blog_kakedasii)

高卒はお金持ちになれない運命なの?

疑問

結論から言うと高卒でもお金持ちにはなれます。

こちらでは、高卒でもお金持ちになる方法を紹介していきます。

高卒でもお金持ちになる方法は以下のようになります。

  • 宝くじで一発当てる
  • 株で一発当てる
  • 莫大な遺産を相続する
  • 副業・企業して一発当てる

以上が主な学歴不要でお金持ちになる方法になります。

こちらをみてどう思いましたか?

やっぱ無理ゲーじゃん......

と思った方もいるのではないでしょうか?

確かに1~3は運ですが、実は4だけは誰にでもチャンスがあります。

なので、

高卒だからお金持ちになれない......

と嘆く必要なんてありません。

今回は、4の方法でいかにしてお金持ちになるのかを後半の章で解説していきたいと思います。

雇われで金持ちを目指すなら学歴は必要

学歴

先程の章を見ていてこう思った方もいるのではないのでしょうか?

あれっ会社で出世してもお金持ちになれないの?

と思った方もいることでしょう。

結論から言うと会社で大出世してお金持ちになりたい場合学歴が必須になります。

なので、会社で出世してお金持ちを目指す場合大卒の方が有利です。

実際に、大企業をなどの社長の経歴を見ていると大卒の割合が9割を超えています。

それだけ日本の会社は、学歴主義なのです。

一部大卒以外の人が役員をしている大手企業もあるようですが、基本的に大卒が幹部社員になるのが暗黙の了解のようになっています。

なので、高卒の方で今自分の勤めている会社で社長になりたいと思っている場合諦めて別の方法でお金持ちになった方がいいです。

そして、会社で出世して社長などの役員になる場合非常に時間もかかります。

今の時代効率良くお金を稼ぐ方法はいくらでもあるので、大丈夫です。

高卒でお金持ちになりたい人がやること

金持ち

こちらの章では、実際に高卒でお金持ちになりたい人がやるべきことを解説していきます。

低リスクで堅実にお金持ちになる方法ですので、安心して実践していきましょう。

お金の勉強

金融教育

まず最初ですが、お金の勉強をするになります。

お金の勉強って超ムズくない??

と思う方もいるかもしれませんが、お金持ちになる為には、お金の勉強が一番大事です。

具体的にどのようなことを勉強をすればいいかと言うと以下になります。

  • 収入の増やし方
  • 支出を減らす方法
  • 効率良く資産に働いてもらう方法
  • 資産を守る方法

といった方法を学んでいく必要があります。

しかし、

どうやって勉強するんだよ!!!

と思う方もいることでしょう。

実際僕もお金の勉強をするにあたってどの本を読んだらいいか非常に悩みました。

だから、お金の勉強をしたいけどどんな本を読んだらいいか分からない人の気持ちは良く分かります。

そんなあなたにオススメしたいのが本当の自由を手に入れるお金の大学になります。

本当の自由を手にれるお金の大学では、上記で解説した

  • 収入の増やし方
  • 支出を減らす方法
  • 効率良く資産に働いてもらう方法
  • 資産を守る方法

といった事柄を全て学ぶことができます。

なので、読んだ後は

お金持ちになる方法が分かった今すぐ行動しよう!!

と言う気持ちになります。

また、お金持ちを目指していない場合でも多くの人が抱える老後資金の不安なども解消できる内容となっているのでどんな方にもオススメできる本となっています。

お金の勉強をする初心者には最適の1冊となっているので、気になる方は購入してみることをオススメします。

 

就職・転職

元気

2つ目は、就職・転職するになります。

なぜ就職する必要があるかと言うと副業をするための資金を獲得する為です。

しかし、中にはこんなことを思った方もいるかと思います。

資金確保ならバイトでも良くない?

と思った方もいることでしょう。

どんな人も起業や副業で確実に成功できるなら会社員なんてしませんよね?

なので、

  • 副業に失敗した時の保険
  • 会社の仕組みを学ぶ

という意味でもまずは、就職するようにしましょう。

副業は、本業の合間で少しずつ育てていくのがベストです。

ホワイト企業は、残業や休日出勤が少なくワークライフバランスを確保することが可能です。

なので、その浮いた時間をガッツリ副業作業に充てることが出来ます。

副業を成功させたい場合ホワイト企業に就職するようにしましょう。

転職の場合も同様にワークライフバランスの確保できるホワイト企業に転職しましょう。

また、公務員の場合原則副業は禁止ですので副業を一発当ててお金持ちを目指したい場合公務員を辞めて民間企業に転職する必要があります。

節約

節約

3つ目は、節約になります。

節約は、お金持ちになる上でかなり重要な項目です。

ここで言う節約は、主に固定費削減のことを指します。

固定費は、主に

  • 住居費
  • 通信費
  • 光熱費
  • 車の維持費
  • 保険

などがあります。

一気に全部削減するのは難しいので、これらの中で削減できそうなものから削減していくようにしましょう。

オススメは、通信費です。

通信費は、

  • 手続き簡単
  • 通信品質を落とさず

に固定費を削減できますので、かなり改善効果の大きい節約になります。

あなたは、通信費に月いくらかけていますか?

僕は、見直す前は1万円前後でしたが、現在では5000円前後に落ち着いています。

月5000円ですので、年間6万円の節約になりますね。

このように月々で見ると小さな金額ですが、年間に換算すると結構大きな金額になるので通信費の節約はオススメです。

人それぞれ削減しやすい項目があると思うので、まずは今の家計の収支を把握して削減できるものからしていくようにしましょう。

副業

副業

4つ目は、副業になります。

副業は、お金持ちになる上でかなり重要な活動になります。

この副業で一発当てないとお金持ちにはなれないので気合を入れて読んでくださいね。

まずは、選ぶ副業のジャンルですがストック型の副業を選んでいきましょう。

ストック型の副業ってなんぞや??

と思った方もいることでしょう。

ストック型の副業とは以下になります。

  • ブログ
  • YouTube

先にデメリットをいうとこれらの副業はジャンルをミスると全然稼げません。

しかし、ブログやYouTubeは、正しく勉強をして質の高いコンテンツを作って公開してしまえばあとはお客さんが自動で見にきてくれます。

なので、あなたが寝ている間や遊んでいる間もあなたの作ったコンテンツがお金を稼ぎ続けてくれます。

そして、ストック型の副業の最大の特徴は、初期費用が安くて稼げる金額に制限がないことです。

なので、これらの副業は異常に利益率が高いです。

ビジネスをする上で利益率は高いに越したことはないのでかなりオススメです。

一般的にせどりなどのフロー型の副業の場合自分が作業した分しか稼ぐことが出来ません。

もちろんせどりも組織化すればあなたが遊んでいる時などにも稼ぐことも可能です。

しかし、ブログやYouTubeと違って仕入れをミスって赤字にしたりといったデメリットもあります。

なので、副業をする場合

  • ブログ
  • YouTube

をしてくようにしていきましょう。

稼げる金額に制限がないので本当に夢がありますよ!!

投資

成長

最後は、投資になります。

投資は、稼いだお金をさらに増やす為に行います。

投資って危なくないの??

と思う方もいるかも知れませんが、こちらで紹介する投資は危険な物ではありません。

こちらで行う投資は、米国株や全世界株を長期保有し複利を利用して資産を増やしていく方法になります。

投資初心者は、アメリカのS&P500をつみたてNISAの範囲で運用してあとは、稼ぐことに力を入れていきましょう。

ある程度の金額を稼げるようになったら入金額を増やしていきましょう。

ケチにだけはなるな

ケチ

こちらの章では、ケチだとお金持ちになれない理由を解説していきます。

俺ケチかも!

と心当たりがある人は少しドキッとする内容となっています。

この機会に自分のケチさについて考え直してみましょう。

自分の知識を増やす勉強にはお金を使う

自己投資

最初は、自分の知識を増やす為のお金はケチるなになります。

自分の知識を増やす為のお金をケチると一生貧乏のままです。

例えばですが、お金の勉強をする場合お金のことについて詳しく書かれた専門書を購入して勉強すればお金の知識が蓄えられ将来的に得する金額もかなりの金額になる可能性がありますよね?

しかし、このお金の勉強する本を高いと感じケチって買わなかったとします。

そうすると、知っているだけで将来得する情報なども知らないまま過ごしてしまい本の価格以上の損をしてしまいます。

なので、このようなことにならないように自分の知識を増やす為のお金は、ケチらないようにしましょう。

目先の残業代を追いかけるな

残業代

2つ目は、目先の残業代を追いかけるなになります。

副業をするとどうしても時間が足りなくなります。

なので、何かやらないことを決めないといけません。

一般的に副業をする人は、

  • 残業
  • 休日出勤
  • 付き合い
  • ゲーム
  • YouTube

などの時間を副業作業に充てます。

中でも残業と休日出勤は削れば削った分だけ副業作業に充てることができるので、削減するのにオススメです。

しかし

残業代削るのは勿体無い......

と生活残業をしようとする方がいます。

しかし、副業で成功したい場合生活残業をするのは辞めていきましょう。

副業で成功すれば、今まで削ってきた残業代以上を稼ぐことが可能です。

なので、自分の自由な時間は全て副業につぎ込むくらいの覚悟で副業に取り組みましょう。

来月安心したいなら残業を将来安心したい場合副業をするようにしていきましょう。

痛み無くして成功はありません。

社内の評価は気にするな

人事評価

3つ目は、社内の評価は気にするなになります。

社内の評価を気にしていては、お金持ちになることは出来ません。

会社員がお金持ちになる場合副業が必須です。

そして、副業を軌道に乗せる為には、会社の行事や残業などを断っていかなければなりません。

なので、社内評価が悪くなる可能性があります。

しかし、ここを乗り越えないと自由な時間を確保することが出来ないのでお金持ちになりたい場合社内評価は気にしないようにしていきましょう。

実際に、副業で成功している人たちは残業をしていません。

しかし、最後はお金持ちになって自由を獲得しています。

まとめ

matome

今回は、高卒でもお金持ちになるための5STEPを解説してきました。

結論からいうと高卒でもお金持ちにはなれます。

そして、高卒がお金持ちになる方法は、以下のようになります。

  • 宝くじで一発当てる
  • 株で一発当てる
  • 莫大な遺産を相続する
  • 副業・企業して一発当てる

になります。

しかし、1~3は運の要素が大きく再現性がかなり低いです。

なので、一般人は泥臭く4番の副業・企業をして一発充てる方法をしていきましょう。

楽してお金を稼ぐ方法はありません。

また、高卒でお金持ちになりたい人は下記をしていくようにしていきましょう。

  • お金の勉強
  • 就職・転職
  • 節約
  • 副業
  • 投資

まずは、お金の勉強をして基本的な収入の増やし方や稼いだ資産の守り方を学んでいきましょう。

高校を卒業したての場合は、まず資金を確保する為に就職しましょう。

この時大事にして欲しいのは、残業の少ないホワイト企業に入れるようにしていきましょう。

また、現在社会人の方でも副業時間を捻出できない場合転職を検討していきましょう。

転職の方も就職の方と同じく残業の少ないホワイト企業に就職するようにしていきましょう。

そして、稼いだお金を節約する癖をつけましょう。

就職・転職で安定収入を確保したらあとは、ストック型の副業に取り組んでいきましょう。

そして、副業で稼いだお金をまずはつみ立てNISAで運用していけるようにしましょう。

稼げる金額が増えればドンドン入金額を上げていきましょう。

くれぐれも生活水準は上げないようにしましょうね。

関連記事一覧

関連

>>休日出勤の多い工場の見分け方4選

関連

>>工場求人選び方8選

関連

>>大手工場勤務って金持ち結論〇〇です。

関連

>>出世より副業が絶対に最強な理由3選

関連

>>工場勤務最強の暇つぶし11選

関連

>>工場に向いていない人の特徴14個を解説

関連

>>工場勤務にオススメの水筒3選

関連

>>工場勤務が底辺と言われる理由と対策5選

関連

>>工場勤務は未経験でも出来る理由5選

関連

>>公務員がオワコンと言われる理由7選

関連

>>電気工事士がお金持ちになる方法3選

関連

>>向いている仕事が分からない20代の解決方法3選

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-工場転職関連, 工業高校関連, 記事一覧