工場転職関連 記事一覧

【思ったのと違ったを防げ!】工場に向いていない人の特徴14選を解説

工場向いていない人
スポンサーリンク

工場で仕事をしているけど、

工場の仕事向いていないかも......
これから先工場勤務でいいのかな?

と思った経験はありませんか?

工場に勤めているとふとした時にこんな気持ちになりますね。

そこで、今回は工場勤務に向いていない人の特徴をまとめてみたので解説していきたいと思います。

この記事を読めば、工場に就職・転職して「こんなはずじゃなかった......」という状況を回避出来ます。

実際に工場勤務歴7年目の僕が辞めた同僚を見て感じた工場勤務に向いていない人の特徴を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

てつお記事

てつお

  • 上場企業 正社員 工場勤務歴7年
  • 工業高校電気科首席
  • 第二種電気工事士・二級ボイラー技士・危険物取扱者(丙種・乙種全類)取得
  • 副業ブログ歴2年目
  • Twitter(@blog_kakedasii)

\簡単登録で後悔の無い転職をしよう/

工場に向いていない人の特徴

特徴

こちらでは、工場で働くのが向いていない方の特徴を解説していきます。

こちらを読めば

俺工場の仕事向いていないかも......

ということが分かります。

手先が不器用

不器用

1つ目の特徴は、手先が不器用な人です。

工場の作業は、細かい作業があります。

具体的に言うと以下のような工場は、細かい作業が多いです。

  • 部品を作る工場
  • 精密機器を作る工場

なので、部品メーカーや精密機器を作る工場に就職する場合は、自分の手先が器用かなどを考えてみてから就職することをオススメします。

やらされる仕事で合わない仕事をするのは苦痛でしかありません。

しかし、

不器用だけど部品メーカーや精密機器の工場は、給料高くて魅力的なんだよな

と思う方もいることでしょう。

そんな方は、迷わず上記の工場に就職した方がいいです。

結局工場は、やることがある程度決まっているので最初は出来なくても自然と慣れてきます。

そして、慣れなくても上司が

こいつちょっと不器用だな

と思えば、部署異動させてくれる場合もあるので問題ないです。

工場の仕事は、やる気があれば何とかなる部分もあるので、やる気がある場合は不器用でも問題ないです。

体力がない

疲れた

2つ目の特徴は、体力がないになります。

工場の仕事は肉体労働が多いので、体力を使います。

なので、体力がない場合すぐにバテてしまい仕事を休みがちになります。

なので、体力に自信がない場合以下のような工場で働くのは考え直した方がいいでしょう。

  • 自動車工場
  • 製鉄工場
  • 鉄筋工場

上記の工場は、現場の場合どれも体力を使う工場ですのでかなり疲れます。

実際に、学生時代に筋肉番長と言われていた人が鉄筋工場で勤務していたのですが退職するくらいきつかったそうです。

ちなみに、その人は退職する頃にはもっとムキムキになっていました。

なので、上記の工場に就職する場合体力をつけておくことをオススメします。

ちなみにですが、上記の工場は、お給料はかなりいいのでガッツリ稼ぎたい体力自慢の方にはかなりオススメです。

不快な環境での仕事が無理

汚い

3つ目は、不衛生な環境での仕事が無理な方になります。

工場でも工業製品を作る工場というのは、油や製品の屑などが床に飛散していて汚い場所があります。

なので、壁や床がボロボロになっていてあまり綺麗な環境とは言えないかもしれません。

実際に、友人の仕事をしている工場も粉や油などが飛散していたりするようです。

なので、工業製品を扱う工場に就職する場合汚い現場で働く可能性もあるので注意が必要です。

実際に働けば汚さは慣れることも多いですが、きれい好きな人にとっては、最初はきついかもしれません。

交代勤務が苦手

交代勤務

4つ目は、交代勤務が苦手な方になります。

交代勤務は、主に

  • 早番
  • 遅番
  • 夜勤

を一週間ごとに交代して勤務するので生活リズムの調整がきついです。

特に夜勤は、人が眠っている時間に仕事を行うのでかなり合う合わないがあります。

実際に僕も夜勤をしていましたが、昼間あまり眠ることも出来ずに夜強烈な眠気が来てかなりきつかったのを覚えています。

お給料に関しては、破格のお給料をもらえるのは魅力ですが、

お金より大事なものがある!!

という方は、注意しましょう。

メチャクチャきついです。

まとめると

  • 不規則な生活が嫌
  • 体力が無い
  • お金は、そこまで欲しく無い

という方には、向いていないので注意しましょう。

夜勤は、夜仕事をするだけで手当が割増になる美味しい仕事に思えますが、何も身につかないので実際はそこまで美味しい仕事ではありません。

髪型にこだわりのある人

こだわり

5つ目は、髪型にこだわりのある人になります。

工場では、労災防止の観点から作業時に帽子やヘルメットを着用するのが常識となっています。

なので、仕事中は何かしらの保護具を頭に着用しています。

こうなると、せっかくセットした髪型も台無しです。

なので、休憩中に帽子やヘルメットを外すと髪型がボンバーヘアになっている人がいます。

また、髪色や長さにうるさい工場などもあるので、

俺には、やりたい髪型があるんじゃー

という方は、なるべく帽子やヘルメットを着用しない仕事や工場でも検査職に就職することをオススメします。

プライベートを充実させたい人

証拠

6つ目は、プライベートを充実させたい人になります。

工場では、

  • 交代勤務
  • 残業
  • 休日出勤

といった世間一般の人と違った時間帯で行動することが多々あります。

なので、友人や家族とのプライベートな時間を大事にしたい方は、生活がすれ違いになる可能性が高いです。

実際に僕も交代勤務をしていた頃は、土曜日の夜に夜勤があり友達と遊びに行くことが出来ずに悔しい経験をしたことが何度もあります。

なので、プライベートを優先させたい方は、工場勤務は向いていません。

稼ぎたい欲がない人

金持ち

7つ目は、稼ぎたい欲が無い人になります。

先程も解説しましたが、工場勤務は基本的に交代勤務があり体力的にきつい場面があります。

しかし、手当関係が豊富ですので、稼げます。

なので、稼ぎたい人にとっては天国ですが、特にお金にガツガツしていない人にとっては地獄です。

なので、

稼ぎたい!!

という気持ちが強く無い場合工場での仕事はオススメ出来ません。

精神論が苦手な人

根性

8つ目は、精神論が苦手な人になります。

工場は、工業高校の体育会系の部活出身の方が多く気象の荒い人がいます。

なので、精神論を振りかざす先輩や上司がいたりします。

実際に僕の勤めている会社でも体育会系の部活の出身の上司などが精神論を振りかざし部下は怯えるように作業しています。

しかも上司の言うことは絶対です。

なので、精神論を馬鹿らしいと思う方は注意しましょう。

理不尽に耐えられない人

拳

9つ目は、理不尽に耐えられない人になります。

工場は、専門職と違って学歴不問で色々な経歴の人が入社してきます。

その中に理不尽な人も存在します。

この理不尽な人と仕事をしていると精神的にしんどくなってきます。

実際に僕も理不尽な先輩に色々な理不尽を受けてきましたが、本当にきつかったです。

現在は、部署異動して関わりはありませんがあの当時は、地獄でした。

なので、理不尽な人に言い返すのが苦手な人などは注意しましょう。

ちなみに、理不尽な人に勝つ方法は、下記の記事で徹底解説しています。

参考

>>理不尽な人に勝つ方法

 

考える仕事が好きな人

疑問

10個目は、考える仕事が好きな人になります。

工場の仕事は、単純作業が多いです。

なので、現場の作業者レベルの仕事ならそこまで頭を使いません。

実際に、工場で仕事をしていますが、

小学生でも出来るじゃん!!

という仕事があります。

なので、

頭をゴリゴリに使う仕事がやりたい!!!

と言う場合工場での仕事は、向いていないかもしれません。

単純作業が苦手な人

自動車工場

11個目の特徴は、単純作業が苦手な人になります。

前回も解説したように、工場の仕事は、単純作業が多いです。

なので、単純作業を苦痛に感じる人は工場で仕事をすることは向いていません。

実際に僕の友人も単純作業が多く仕事がつまらないという理由で、退職しています。

なので、単純作業を苦痛に感じる方は、検査職や設計職と言った別の職種で応募することをオススメします。

実力主義の仕事がしたい人

スキル

12個目の特徴は、実力主義の仕事がしたい人になります。

工場の仕事は、作業員のうちは実力がどうこうという仕事はありません。

出世してある程度の役職になるまでは言われたことをただひたすらこなすだけです。

なので、

あいつがいないとこの職場が終わってしまう

と言われたい方にはあまりオススメ出来ません。

実力主義の仕事をしたい場合歩合制の仕事や副業などの実際に自分の腕次第で稼げる金額が大きく変わる仕事に就くことをオススメします。

多様性が受け入れられない人

多様性

13個目の特徴は、多様性を受け入れられない人になります。

工場は、色々な人が働いています。

なので、あなたと考えが合わない人などもたくさんいます。

実際に、

このやり方の方が効率がいいよ

と仕事のコツを教えても全く聞く耳を持たずに効率の悪いやり方を貫く人や親切をしてもその親切を踏み躙るようなことをする方もいます。

そんな人達を見てモヤモヤする方は、工場で働くことは向いていませんので注意しましょう。

工場は、個性的な方が多いです。

なので、

こんな人もいるんだなぁ

と言う程度にスルーするスキルを身につけていきましょう。

土日に休みたい人

カレンダー

14個目は、土日に休みたい人になります。

工場は、24時間365日フル稼働していて常に人がいないといけない職場などがあります。

なので、休みを交代で取る人が出てきます。

こうなると、土日に出勤しないといけない人が出てきます。

実際に、土日を振替出勤という形で、土曜日出て平日に休んだり、3日行って1日休んだりを繰り返したりと様々な勤務形態で働いている方がいます。

なので、

俺・私は、土日は絶対休むんじゃ!!!

と言う方は、工場で働くのは向いていません。

工場によっては、土日休みの工場もあるので、求人や面接等で事前に確認することをオススメします。

参考

>>工場求人の選び方8選

工場の仕事が向いていな人が就職するとどうなるのか?

不一致

こちらでは、実際に工場の仕事が向いていな人が就職するとどうなるのか?について解説していきます。

結論から言うと会社を辞めます。

99%辞めます。

実際に、僕の勤めている会社の同僚ですが、冒頭で解説した向いていない人の特徴に当てはまっていたのですが、3年以内に辞めていきました。

待遇がいくら良くても自分の価値観と合わなければ長く続けることは難しいです。

なので、しっかりと冒頭で解説した特徴を読み込み各自の就職・転職活動にフィードバックさせていきましょう。

工場が向いていない人がやるべきこと

やること

こちらでは、工場に向いていないと感じた方がやる事について解説していきます。

こちらを読めば、

工場辞めても何とかなるな

と自信がつきます。

転職活動

転職

まず最初にやることですが、転職活動になります。

結局会わない環境にいる場合多かれ少なかれストレスが多いはずです。

なので、転職活動をして

うちの会社以外にも求人あるんだなぁ

ということを知りましょう。

今の勤め先にも仕事はいくらでもあるという事実を知れば会社への忠誠心もグッと下がりストレスが大幅に軽減されます。

結局のところ

今の会社を辞めたら自分の人生は終わる......

という恐怖感からしたくもない仕事をダラダラ続けてしまいます。

なので、まずは転職活動をして今の自分の市場価値を認識してみましょう。

向いている仕事もついでに見つけてストレスフリーに仕事を出来るようにしていきましょう。

 

社内公募を利用した部署異動

募集中

2つ目は、社内公募を利用した部署異動になります。

社内公募制度を利用する基準としては、

うちの会社待遇はいいけど仕事内容がちょっと.......

と言う方になります。

社内公募は、今の会社での待遇や評価を落とさずに職種を変えられるというメリットがあります。

なので、

大企業の工場に勤めているけど、待遇がいいから転職したくない!!

と言う方は、社内公募を利用した部署異動を利用していくことをオススメします。

デメリットとしては、社内公募の求人を出している部署しか異動できないと言う点があります。

なので、希望の職種がない場合は使えないので注意しましょう。

副業

副業

3つ目は、副業になります。

副業は、

会社の待遇に問題はないけど特にやりたい仕事もない......

と言う方にオススメです。

副業って怪しくないの??

という方も多いかと思いますが、本当に稼げる副業というのは、簡単に稼げません。

そして、稼げるようになると大きく稼げるようになります。

副業は、主に以下のようなメリットがあります。

  • 収入源の分散化
  • スキルアップ
  • 稼げる金額に制限が無い

といったメリットがあります。

今の時代会社員は、終身雇用も終わっているので、収入源を増やすというのはかなり賢い選択になります。

そして、本当に稼げる副業というのは、最初は全く稼げません。

しかし、稼げるようになると稼ぐコツを自然と身につけているので、自分の腕一本で食べていけるスキルを身につけることが可能です。

なので、今の時代副業禁止の会社でも副業に挑戦する価値は大いにあります。

そして、副業には稼げる金額に制限が無いのであなたの頑張り次第では、本業の収入を上回り本業と副業が逆転する可能性があります。

なので、

特にやりたい仕事もない......

という方は、副業するのがオススメです。

関連

>>会社に副業がバレた時の言い訳4選

工場に向いていない人の特徴14個を解説まとめ

matome

今回は、工場に向いていない人の特徴14選を解説してきました。

工場に向いていない人の特徴をまとめると以下のようになります。

  • 手先が不器用
  • 体力がない
  • 不快な環境での仕事が無理
  • 交代勤務が苦手
  • 髪型にこだわりのある人
  • プライベートを充実させたい人
  • 稼ぎたい欲がない人
  • 精神論が苦手な人
  • 理不尽に耐えられない人
  • 考える仕事が好きな人
  • 単純作業が苦手な人
  • 実力主義の仕事がしたい人
  • 多様性が受け入れられない人
  • 土日に休みたい人

になります。

大事なところだけまとめると、プライベートを充実させたい人や理不尽に耐えられない人は、工場での仕事はオススメ出来ません。

工場は、ワガママな人や変わった人が少なからず存在するので、非常にストレスが溜まります。

なので、なるべくストレスフリーで仕事をしたい場合転職サイトやなどに登録して自分に合った仕事を選択する必要があります。

自分に合った仕事を見つけたい方は、下記から簡単登録で理想の求人を見つけることが可能ですので、気が向いたら参考にしてみるといいかも知れません。

 

関連記事一覧

関連

>>工場勤務最強の暇つぶし11選

関連

>>休日出勤の多い工場の見分け方4選

関連

>>高卒でもお金持ちになるための5STEP

関連

>>工場勤務を抜け出したい時にすること5選

関連

>>工場勤務が頭がおかしいと言われる理由と対処法5選

関連

>>工場勤務にオススメの水筒3選

関連

>>工場勤務はつまらない?そんな時の理由と解決策を6つ紹介します

関連

>>工場勤務が底辺と言われる理由と対策5選

関連

>>工場勤務は未経験でも出来る理由5選

関連

>>公務員がオワコンと言われる理由7選

関連

>>向いている仕事が分からない20代の解決方法3選

関連

>>工場勤務が筋トレに向いている理由3選

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-工場転職関連, 記事一覧