副業関係記事 記事一覧

【情報商材オワコン?】購入をするときの注意点3選

情報商材オワコン
スポンサーリンク

副業をしていてなかなか結果が出ないけど

情報商材ってどうなの??

情報商材ってオワコンって聞くけど実際どうなの??

と思う方もいるかと思います。

実際に僕も副業でなかなか成果を出せないので「情報商材買おうかな??」と思ったことがあります。

というか買ったことがあります。

しかし僕が購入した情報商材はゴミが多かったです。

そこで、今回情報商材を購入する時の注意点についてまとめてみました。

この記事を読めば、情報商材を購入する時の注意点を学べます。

実際に僕が情報商材を購入して分かった情報商材を購入する時の注意点を解説していきます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

てつお記事

てつお

  • 上場企業 正社員 工場勤務歴7年
  • 工業高校電気科首席
  • 第二種電気工事士・二級ボイラー技士・危険物取扱者(丙種・乙種全類)取得
  • 副業ブログ歴2年目
  • Twitter(@blog_kakedasii)

情報商材を購入する時の注意点

コンサル

情報商材を購入するときの注意点

  • 値段は、高額ではないか?
  • 商材の監修者は、しっかりと実績のある人か?
  • DMで営業されていないか?

それでは、順に解説していきます。

値段は高額ではないか?

最初の注意点ですが、値段は高額ではないか?です。

情報商材の値段ですが、ピンからキリまであります。

具体的な金額でいうと安い物なら1000円程度から高いものだと50万など色々な値段の情報商材があります。

その中でも、副業初心者は1万円以上の情報商材を購入するときは注意してほしいです。

というのも、どんな副業でも最初から高額な情報商材を購入する必要がないからです。

なぜ必要ないかというと以下のようになります。

副業初心者に高額情報商材が不要な理由

  • 専門用語を理解していないから
  • その副業がそもそも向いているか分からないから
  • もし、購入した商材が内容スカスカだった時のショックが半端ないから

の以上になります。

専門用語を理解していないから

まず、副業初心者はその取り組む副業の専門用語を知らないかと思います。

今回は、ブログを例に解説しますがブログならCTRという専門用語があります。

ちなみにCTRとは、クリック率です。

このCTRを知らないブログ初心者がブログをやってもおそらく情報商材に書いてある内容の大半は、理解できないです。

実際にてつおも情報商材購入しましたが専門用語多すぎて最初は全く分かりませんでした。

このような状態で情報商材に目を通しても???となっておそらく情報商材に目を通すことはなくなるでしょう。

その副業がそもそも向いているか分からないから

2つ目の理由ですが、あなたはその副業何回目の副業ですか?

もし、「この副業でダメなら俺は、もうだめだ」というのであれば覚悟が決まっていて情報商材を購入する価値がまだありますが、副業初心者でブログが1回目の副業の場合高額な情報商材を購入して万が一ブログを挫折した場合結構笑えませんよね?

なので、最初から高額な情報商材を購入することはおすすめしません。

購入した情報商材の内容がスッカスカだとショックが半端ないから

あなたは、頑張って働いたお金で情報商材を購入しました。

金額は2万円とします。

しかし、実際に商材に目を通してみると「なんじゃこれ...内容スカスカじゃないか...俺のお金返して!!」という状態になります。

これ実際にてつおの話です。

とある副業の情報商材を購入したのですが、内容がまぁひどい...

もう悔しすぎましたね。

このように、情報商材を購入したからと言ってあなたの欲しい情報が手に入る保証はないです。

なので、情報商材を購入するときは注意していきましょう。

てつお
情報商材は、あなたの欲しい情報を教えてくれる訳じゃないので注意しましょう。

情報商材の販売者はしっかりとした人物なのか?

2つ目の注意点ですが、情報商材の販売者はしっかりとした人物なのか?です。

あなたが購入しようとしている情報商材の販売者どのような実績がありますか?

SNSフォロワー30万人?有名ASPからの表彰回数5回など情報商材を販売するうえ大事なのが販売者の実績です。

この実績がしっかりとした人ならいいのですが、中には信憑性に欠ける実績の持ち主もいます。

この信憑性に欠ける点なども副業初心者は見抜けない可能性が高いので、やはり副業初心者は高額情報商材を購入するのは控えたほうがいいです。

てつお
情報商材を購入する時は、その商材の製作者のSNSや実際の口コミをチェックしていきましょう。

DMで営業されていないか?

3つ目の注意点ですが、DMで営業されていないか?になります。

あなたがSNS等で副業初心者と書いているとDMで「この商材おすすめです。」や「稼げていなくて困っていませんか?」といった内容で営業が来ることがあります。

何もわからない人は、「この人いい人だなこの人に教えてもらおう」と考える人も少なくありません。

しかし、これこそが罠なのです。

そもそも考えてみてください。

稼げていたらわざわざ見ず知らずのあなたに営業してくると思いますか?

おかしいですよね?

DMで勧誘する場合99%稼げていないので注意していきましょう。

稼げないから営業をするのです。

なので、この手のDMが来た場合返す時間も無駄なので無視していきましょう。

てつお
あまりにも相手にすると電話の案内やZOOMで話しましょう。とどんどん面倒なことになるので注意していきましょう。

勧誘されたらどう断るか?

この章では、情報商材の購入の勧誘を受けた際に断る方法を紹介していきたいと思います。

情報商材の勧誘の断り方

  • いいですとハッキリという
  • 改めて連絡しますという
  • なんでこんなお得な情報を販売するのですか?と問う
  • 十分稼げているので大丈夫ですと言う

それでは、順に解説していきます。

いいですとハッキリという

断る

最初の断り方ですが、「いいです」とはっきりと言うになります。

本当にシンプルなのですが、まずは「いいです」とはっきり言うようにしましょう。

情報商材を購入するかしないかの判断はあなた自身が決めることです。

なので、「この商材にこの値段は高いな...」と感じた場合しっかりと断るようにしましょう。

もし、ここで相手が商材の営業をごり押ししてくるようであれば要注意です。

普通に考えて内容に自信のある情報商材ならごり押しで営業なんてしてきませんよね?

なので、あなたが断ろうとしているときごり押しで営業してくるようであれば絶対に断るようにしていきましょう。

てつお

断るのも購入するのもあなたの権利です。

相手のペースに惑わされないようにしていきましょう。

改めて連絡しますという

スマホ

2つ目の方法は、「改めて連絡します」と言うになります。

どうしても、ハッキリと断れない場合いったん話を流して「ちょっと考えさせて欲しい」と言いいったんその場から離れましょう。

そして、すぐに相手の連絡先を削除していきましょう。

ここで何回も勧誘を受けていたらどんどん相手のペースで話を持っていかれてしまいます。

なので、少しでも怪しいと思った場合距離を置くようにしましょう。

ポイントとしては、あれっとあなたが思う点が1つでも当てはまれば距離を置くことをおすすめします。

また、相手が言っていることが矛盾している場合なども見逃さないようにしていきましょう。

てつお

とにかく営業がしつこい場合連絡を取らないのが一番です。

相手のことよりも自分のことを考えて行きましょう。

なんでこんなお得な情報を販売するのですか?と問う

疑う

3つ目は、なんでこんなお得な情報を販売するのですか?と問うになります。

結構喧嘩腰ですが、実際そう思いませんか?

例えば、あなたが何かせどりで稼ぐノウハウみたいなものを発見した場合その情報って誰にも教えないですよね?

ライバルは増えるし自分の取り分が減ってしまう。

なのに、わざわざ他人に教えるわけないですよね?

なので、勧誘者がしつこく勧誘してきた場合「なんでこんなにお得な情報を販売するのですか?」と聞いてみましょう。

もし、この時少しでも相手がひるんだら稼げない情報を掴まされる可能性があります。

なので、電話などの対面での勧誘じゃない場合試しにこの質問をしていくようにしましょう。

ココがポイント

そもそも、稼げていたらその方法を稼いでいる人が自分で実践するはずです。

なので、この手の営業を持ち掛けられた場合疑いの目を持っていきましょう。

「充分稼げているので大丈夫です」と言う

お金

あなたは、情報商材屋からDMで営業を受けた時収益はいくらくらいですか?

と質問を受けたりしたことはありませんか?

てつおは、実際にtwitterをやっていますが情報商材を売りつけている人やコンサルをしている人によく質問されます。

大半の人は、似たような勧誘をしてくるので「はいはい、またね」と思っていますが副業初心者の方はそのような人の話を真に受けがちです。

なので、twitterなどのSNSを運用していて副業のコンサルの案内が来る場合「充分稼げているので大丈夫です」と伝えていきましょう。

もう一度言いますが基本的にSNSで来るDMの営業に関しては無視してもOKですが、断ったり無視したりするのも気が引けると言う方は、「充分稼げているので大丈夫です」と適当に伝えていきましょう。

あなたの良識な気持ちに漬け込んで怪しい業者はあなたの資産を狙っています。

嘘をつくのに気が引けると言う方もいるかもしれませんが自分の身を守るための嘘は大事です。

顔も見たことない相手に数十万の大金を払う方がかなりやばいと言うことも頭に入れておきましょう。

ココに注意

初心者がコンサルで数十万という大金を払うのは非常にリスキーですので注意しましょう。

SNSには、有益な情報を無料で配信してくれている方もいますが中にはあなたのお金を狙っている怪しい人たちもいます。

特に、コンサルや情報商材の営業に関しては本当に稼げている人などは個人にDMで営業することはありません。

何故なら効率が悪いからです。

本当に実績があれば実績をYoutubeやブログに公開しています。

またブログなどのアフィリエイトならASPからの景品などを公開している方もいますので確認してみましょう。

ココがポイント

  • 稼げていたら自分で営業してこないということを頭に入れておく
  • 副業初心者がいきなり高額な情報商材を買う必要もない
  • 断ったり無視したりするのが怖い場合「充分稼げているので大丈夫です」と伝える

実際にあった怪しい営業

怪しい

この章では、実際にあった怪しい営業を紹介していきたいと思います。

また、話の中で怪しい情報商材を見抜くポイントも紹介していきます。

高額情報商材の営業

お金

この話は、実際にてつおが遭遇した高額情報商材の手口です。

それでは、紹介していきたいと思います。

てつおは、副業を始めたころとある情報商材を目にしました。

月額2万円程で教育してくれるのとのことでした。

そこで、さっそく販売者に連絡したところZOOMか何かで連絡しようとのことで連絡することになりました。

そこで、さっそく副業の悩みなどを聴いてもらいいざ入会の話を持ち掛けられたとき入会金なるものが存在することを知らされました。

広告には月額の費用しか記入されておらず...

その時の入会金の金額が確か60~70万円程この時点でかなり怪しいですね。

そして、申し込みの段階でクレカの枠を異常に聞いてくるんですよね。

しかし、現在は手持ちがないから無理ですというと今度は分割でいいと言ってきました。

その日は、ここで電話が終わり話が終わり2日後くらいにまた連絡が来ました。

そこでも結構しつこかったです。

結局いろいろ話を聴いているうちに、てつおが求めている情報をこいつは提供できない(そもそも手法が違った。)ということが分かったので

てつおは、この時入会しなかったのですがこのように情報商材の営業は結構怪しいポイントがたくさんあるので、注意深く見ていくようにしましょう。

情報商材を怪しいと判断するときのポイント

  • 金額が異常に高額ではないか?(例 数十万円など)
  • お金が無いと伝えると相手から分割でいいと言ってこないか?(ある分だけでも持っていこうとする)
  • クレカの枠を聴いて来る(情報商材自体クレカ決済が基本です。しかし、クレカの枠を聴いて来る場合は注意が必要です。)

以上の点を意識して営業をされた場合注意していくようにしましょう。

てつお
本当に実績のある人は自分から営業をしてこないししつこく勧誘することもないのでこの点を頭に入れておきましょう。

最後に

まとめ

まとめ

今回は、情報商材を買う際の注意点を紹介してきました。

あなたも稼ぐために副業を始めたのに、いきなり高額な情報商材を購入して大赤字を出しては意味がないですよね?

特に、ネットビジネスは元を取るのに、ある程度の時間がかかります。

なので、挫折してしまう人も多いです。

そうなってくると、結局赤字のまま副業を終えてしまう可能性がありますよね?

これこそ、ミイラ取りがミイラになるという現象に似ていますね。

このようなことにならないために情報商材を購入するときは必ず自分のお小遣いで購入できる値段(高くても予算2万円以内)のものを購入していきましょう。

また、ブログやYou Tubeせどり等のネットビジネスの場合無料でほとんどの情報を得ることができます。

また、調べる手間がめんどくさいという人も、まずは本屋さんで書籍を購入して勉強することをおすすめします。

書籍や無料で情報を収集できるおすすめの副業は、ブログです。

ブログのメリットについては、下記の記事を参照ください。

https://challengemember.com/kaisyainfukugyoublog/2658/

この記事が参考になった場合SNS等でシェアしてもらえると嬉しいです。

以上今回もありがとうございました。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-副業関係記事, 記事一覧