副業関係記事 記事一覧

【使い方いろいろ】遅刻言い訳完全攻略 BEST3

遅刻言い訳
スポンサーリンク

こんにちは、てつおです。

皆さん普段仕事やプライベートで遅刻することがありますか?

おそらくこの記事にたどり着いた方は、遅刻の言い訳を探しているとおもいますので、遅刻したことがあるかと思いますが、皆さん普段どのように言い訳していますか?

「道が混んでた」や「道を尋ねられた」など様々な言い訳がありますが、今回は、てつおが遅刻をしたときによく使う言い訳を紹介していきたいと思います。

この記事を読むと遅刻の言い訳が学べます。

こんな悩みのある人におすすめ

  • 普段から、遅刻癖がある
  • 遅刻をしたら頭が真っ白になって正直に理由を伝えてしまう
  • 人を不快にさせない遅刻理由を知りたい

遅刻言い訳完全攻略 BEST3

落ち込む

来客が来た

遅刻言い訳

最初の言い訳ですが、来客が来たになります。

来客?と思った方もいますが、この来客うまく使いこなせばしっかりと相手を不快にすることなく、遅刻した事情を説明することが出来ます。

例えば以下のような例があります。

遅刻をした言い訳

  • お隣さんが、回覧板を遅れて持ってきたので話が長くなった
  • 子供の素行の件で担任が自宅に訪問に来た
  • 家の水道の調子が悪いので後日工事が来ると言っていたが朝一番にきてしまった

など、どうしても避けられない緊急性の高い「来客」が来たと言えばおそらく一度ぐらいなら、納得してもらえます。

ポイントは、「緊急性」です。

さすがに、事前にわかっている来客だと上司も「お前それ、前もって分かってるだろ!!」と突っ込まれてしまいます。

初回の遅刻なら、「来客」が来たと言いそのままシナリオを自分で考えて見ましょう。

落とし物をした

悩み

2つ目の言い訳ですが、落とし物をしたになります。

この言い訳ですが、実際によくありがちなので以外と使えます。

この言い訳をする場合のポイントですが、「落としたら結構めんどくさいことになる物」が効果的です。

落としたら面倒になるものについては、下記があります。

落としたら面倒になるもの

  • ケータイ
  • 財布
  • 鍵関係
  • 電車の定期券

以上のような物は、落とすと面倒なことにりますね。

なので、上司も「仕方が無い」や「こいつ何してんだよ...」と思われてそこまで深く注意されないことが多いです。

しかし、毎回していると管理不足と注意される可能性がありますので、一人の相手に対し必ず1回きりにしましょう。

落とし物は、アクシデントですので「しょうがない」と見過ごしてもらえる可能性が高いので、どうしてもという時の言い訳に最適です。

渋滞に引っかかった

遅刻言い訳渋滞

3つ目の言い訳ですが、渋滞に引っかかったになります。

主に、バスや自家用車で通勤する人の言い訳になりそうですが、基本的にあまり使用するのをおすすめしませんが、遅刻して頭が真っ白になった場合使用していきましょう。

「寝坊した」とストレートに言うよりは、全然マシです。(数回程度なら)

もしくは、車の調子が悪くてなどと説明するのもアリですね。

何も言い訳が思いつかない場合に使用していきましょう。

ココがポイント

]おそらく渋滞を言い訳にすると「そんなこと前もって分かってるだろつまらない言い訳するな!!」と言われる可能性があるので、注意しましょう。

渋滞は、言い訳としても可能ですが、「30分早く家を出たが」などと一言付け加えて説明すると、変に注意を受けません。

例でいうと以下のようになります。

てつお
「すみません、いつも通りの渋滞に引っかからない時間に家を出たのですが、車のバッテリーの調子が悪くいったん停止して点検をしていたところ渋滞に引っ掛かり遅刻しましたすみません。」

といった感じで、説明すると非常に、効果的です。

最後に

まとめ

まとめ

今回は、遅刻をした時の言い訳を紹介してきました。

どの言い訳も、一人一回程度しか使えませんが、非常にその場しのぎには、持って来いの言い訳になります。

遅刻をしないことが大事ですが、人間何回か失敗してしまうものです。

なので、しっかりとその遅刻をした時にフォローできる言い訳を普段から考えていきましょう。

また、普段から時間ギリギリに行動してしまう方は、いっそのこと会社の近くに引っ越しを行い、通勤を徒歩や自転車にしていけばそこまで慌てることなく自然と会社につける可能性が高いです。

おすすめは、自転車通勤です。

自転車通勤は、以下のようなメリットがあります。

自転車通勤メリット

  • 適度な運動になる
  • 渋滞の影響を受けない
  • 時間に左右されない (時刻表を気にしないでいい)

などメリットがたくさんあるので、自転車で通勤できる方は、積極的に自転車通勤を検討していきましょう。

以上今回もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-副業関係記事, 記事一覧