副業関係記事 記事一覧

「実際に転職者に聞いた」転職に迷う時の判断法3選

アイキャッチ
スポンサーリンク

こんにちは、てつおです。

成人式の季節ですね。

後輩たちから続々と成人報告を受けてきました。

そんな中ある後輩から「転職して〇〇に入った(全員うちの会社に来い!!)」と発言している後輩を見つけました。

自分の勤めている会社を周りにおすすめ出来るって非常にいい会社に転職出来たってことですね。

そんな会社に勤めてみたいものですね。

しかし、最近友人たちに転職者が続々と増えており、皆口をそろえて「転職して良かった」と言っています。

しかし、中には、今勤めている会社の愚痴を漏らして何も行動しない人もいます。

なので、疑問に思ったてつおは、「皆転職しているのになんで転職しないの?」と聞いたところ、不満もあるが良いところもあると言っていました。

しかし、転職者にも「迷う時があった」とい言っていました。

しかし、そこを超えて転職しています。

そこで、今回は、転職者に聞いた転職に迷った時の判断方法について紹介していきたいと思います。

この記事を読むと転職に迷った時の判断方法が分かります。

こんな悩みのある人におすすめ

  • 転職したいけど転職について良く分からない
  • この会社でやっていってる人がいるのに自分だけ転職ってなんか気が引ける...
  • 転職に失敗したらどうしようと不安に思っている

転職に迷う時の判断法3選

転職

給料面で不満がある場合

給料

最初の判断ポイントですが、給料面で不満があるかどうか?です。

これは、一番大事なポイントにもなりますよね。

まずは、給料=お金ですね。

実際にてつおの友人数名に聞いたところ、転職の理由に一番多かったのが「給料が少ない」でした。それくらい会社への帰属意識と給料は、関係あります。

まずは、今の会社の給料だけで満足いく生活を出来るか判断してみましょう。

会社によっては、若いうちなどは、給料が低く年を取るにつれてしっかり昇給していくシステム(年功序列)の企業があります。

基本的に日本の公務員や大手企業の給料体系は、「年功序列」になります。

なので、まずは先輩達に満足出来る給料をもらえているか確認して満足できる給料を貰えていると確認出来たら続けるがありです。

よく、大手企業や公務員になった友人が「給料低すぎ!!こんなはずじゃなかった!!」と嘆いている方がいますが、基本的に年功序列の影響です。

下記に該当する場合いったん転職を踏みとどまった場合がいいです。

給与面で転職しない方がいい場合

  • 給与は、少ないが人間関係が非常によい
  • 大手企業で昇給の見込みがある
  • 残業などが少ない場合

上記の場合大きく後悔する可能性が高いです。

特に、昇給が見込める大手企業は、ある一定の年齢を超えると一気に周りの会社の人より給与が大きく上がる傾向になります。(例)結婚適齢期に当たる27歳前後などです。

基本的に公務員や大手企業は、若くでデキる人間よりも、無難に仕事をこなす人の方が得する傾向にあるので、無理に頑張る必要なんてありません。

実際にてつおの先輩にも仕事は、出来すぎて若くで大きなプロジェクトを任されていた先輩がいましたが、若くで責任重大の仕事を任されており、結局体調を崩しておかしくなっています。

てつお
「だけど給料少ないと生活できない!!」 ていう方がいるよ。

そんな方は、迷わず副業していきましょう!!

副業のメリットについては、以下のようになります。

副業のメリット

  • 自分で稼ぐ力が身につく
  • 会社に依存しなくてよくなるので上司に忖度しなくて良くなる
  • 勉強になる

など副業で得られるメリットは、たくさんあります。

生活レベルの見直しを行いつつ副業をしてしっかりと稼いでいくのがこれからの時代の新しい働き方になります。

人間関係が悪い

人間関係

2つ目のポイントは、人間関係が悪いになります。

こちらも転職理由の上位にランクインする理由ですね。

人間関係で悩む場合まずは、親しい先輩や上司に相談となりますが、それでも解決しない場合体調に影響が出てきている場合、迷わず病院に行って診断書を貰い「休職」していきましょう。

以下に該当する場合転職していきましょう。

ココがポイント

  • サビ残満載 (この世にサビ残ほど無駄なことは無いです。さっさと副業していきましょう。)
  • パワハラ・モラハラ横行
  • ここにいても未来は無い (給与の支払いの遅延が起きているなど会社が傾いてきているなど)

休職期間中に、ある程度元気が出てきたらすぐに転職の準備をして今のやばい環境から抜けれる準備をして行きましょう。

世の中体を壊してまでする仕事なんてありません。本当におかしくなる前に行動していきましょう。

逆に給与面はよくて会社に居たいけど今のやばい上司や先輩と仕事はしたくない場合徹底的に上司に「異動させてください」と訴えることも一つの手段です。

一見我儘に見えるかもしれませんが、それくらい自分の主張を通すのも長い人生においては必要です。

実際にモラハラの被害者って控えめな性格の人が多いので、この機会に少しずつ自分の意見を言えるように強くなっていきましょう。

実際にてつおも控えめな性格を利用されて苦労の押し付けを受けて来ました。

給与面では、満足しているが訳の分からないハラスメント行為に悩んでいて「体力的にも限界...」まずは、休職して体調を整えてから異動なり転職なり検討していきましょう。

仕事内容があっていない

合わない

3つ目のポイントに仕事内容が合わないになります。

この悩みですが、基本的に転職で一番解決する可能性が大きいポイントになります。

この悩みですが、「とりあえず親が給料とか福利厚生がいいからここにしなさい」といった感じで誰かの助言で会社を決めた人に多い悩みです。

ココに注意

実際に外仕事が好きなのに担任の先生のアドバイスで大手の製造業に就職したけど「なんか思っていたのと違う...」

などと自分の性格に全く合わない仕事は、どんなに環境的に恵まれてもなかなか続きません。

なので、給与面や人間関係などに満足しているが「仕事内容が合わない...」という方は、思い切って転職してみるのもありです。

実際に興味の無い事より興味のあることの方が人間上手く成果を出せる可能性が大きいです。

なので、思い切って転職してその興味のある仕事で思いっきり成果を出す方が人生面でも幸福感は大きいです。

やりたいことも特に無いのにただ、「この仕事合ってない...」と恵まれた環境から出ていく人もたまに見かけますが非常にもったいないです。

最後に

まとめ

まとめ

今回は、「実際に転職者に聞いた」転職に迷う時の判断法で転職しようか悩んでいる人の判断基準について紹介してきましたが、基本的に転職は簡単に出来ない判断なので、慎重にしていきましょう。

もしかしたら自分の今の環境が凄く恵まれているかもしれません。

転職しようか迷っている場合下記の3つのポイントと照らし合わせて、本当に転職していいのか判断してから転職していきましょう。

転職する時のポイント

  • 給料に不満がある (サビ残が多いなど)
  • 人間関係が悪い (モラハラやパワハラがきつい)
  • 自分が本当にやりたい仕事か (営業がしたいのに思考停止で製造業に勤務など)

以上を参考にして総合的に考えて転職の判断をしていきましょう。

以上今回もありがとうございました。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-副業関係記事, 記事一覧